ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 永遠の咎

  • 永遠の咎

永遠の咎

  • 永瀬隼介/著 永瀬 隼介(ナガセ シュンスケ)
    1960年、鹿児島県生まれ。週刊誌記者を経て、ジャーナリストとして独立。本名祝康成名義で、『19歳の結末 一家4人惨殺事件』、『真相はこれだ!不可思議8大事件の核心を撃つ』などのノンフィクションを上梓。小説家としてのデビュー作は、2000年の『サイレント・ボーダー』

  • シリーズ名
    光文社文庫
  • ページ数
    530p
  • ISBN
    978-4-334-73941-6
  • 発売日
    2005年09月

781 (税込:843

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 池袋の無認可保育所『ひよこハウス』。そこに子供を預ける三人の男女の出会いが悲劇の予兆だった。一流クラブのホステス・綾乃。ヘルス嬢。売れないホスト。二年前、綾乃の夫を殺害した轡田秀彦が仮出所し、三人の前に姿を現した時から物語は急転直下、終幕へと突き進む。轡田萩知る綾乃の秘密とは?乳幼児秘待事件が相次ぐ現在に母性の意味を問う渾身の力作。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 永遠の咎
  • 永遠の咎

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中