ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 偉大なる敗北者たち メアリ・スチュアートからゲバラまで

  • 偉大なる敗北者たち メアリ・スチュアートからゲバラまで

偉大なる敗北者たち メアリ・スチュアートからゲバラまで

  • ヴォルフ・シュナイダー/著 瀬野文教/訳 シュナイダー,ヴォルフ(Schneider,Wolf)
    1925年生まれ。『南ドイツ新聞』ワシントン駐在員として活躍したのち、『シュテルン』『ヴェルト』の編集長を歴任。1979年に創設されたハンブルク・ジャーナリスト学校の校長を開校以来務めている

    瀬野 文教(セノ フミノリ)
    1955年東京生まれ。北海道大学独文科修士課程卒。DAAD(ドイツ学術交流会)給費生としてケルン大学に留学。ドイツ語塾トニオ・クレーガーを経営

  • ページ数
    270p
  • ISBN
    978-4-7942-1407-2
  • 発売日
    2005年05月

1,700 (税込:1,836

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ゲバラ、ゴッホ、トロツキーなど、歴史に大きな足跡を刻んだ敗北者たちの栄光と苦悩を描く。
目次
1 生き急いだ才能(チェ・ゲバラ―密林を駆け抜けた血まみれの救世主
オスカー・ワイルド―監獄にぶちこまれた社交界のアイドル ほか)
2 最後の皇帝(ミハイル・ゴルバチョフ―民衆を解放してうらまれた男
ヴィルヘルム2世―国を滅ぼして幸せになった男 ほか)
3 消された英雄(アラン・チューリング―祖国を勝利に導きながら無視された天才数学者
エルヴィン・ロンメル―称賛され、歓迎され、抹殺された男 ほか)
4 敗れ去った女(リーゼ・マイトナー―男たちにノーベル賞を盗まれた女
メアリ・スチュアート―断頭台の露と消えた権謀術数の女)
5 悲しき芸術家(ハインリヒ・マン―弟トーマスの名声に覆われた悲しい人生
クヌート・ハムスン―ヒトラーを賛美して名声を失ったノーベル賞作家 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Gro〓e Verlierer
対象年齢 一般

商品のおすすめ

一瞬の光芒を放って世を去ったチェ・ゲバラ、フィンセント・ファン・ゴッホ、世界史の転換点で大きな役割を果たしながら功績を全否定されたアラン・チューリング、トロツキー、はからずも「帝国」の最後に君臨することになったルイ16世、ヴィルヘルム2世、ゴルバチョフ―。世界史の一場面に大きな足跡を刻んだ「敗北者」たちの人生をたどる歴史ノンフィクション。みずからの運命に抗い、敗れ去っていった者たちの栄光と苦悩に彩られた生涯を練達の筆で描く。

ページの先頭へ

閉じる

  • 偉大なる敗北者たち メアリ・スチュアートからゲバラまで
  • 偉大なる敗北者たち メアリ・スチュアートからゲバラまで

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中