ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 評伝エレン・グルブランソン グリーグとコジマ・ヴァグナーを魅了した北欧のプリマ・ドンナ

  • 評伝エレン・グルブランソン グリーグとコジマ・ヴァグナーを魅了した北欧のプリマ・ドンナ

評伝エレン・グルブランソン グリーグとコジマ・ヴァグナーを魅了した北欧のプリマ・ドンナ

  • ファニー・エルスタ/〔著〕 田村哲雄/訳 エルスタ,ファニー(Elsta,Fanny)
    1899~1978。ノルウェーのアルト歌手で、エレン・グルブランソンに師事し、ザルツブルグ音楽祭やバイロイト音楽祭にも出演したキャリアをもつ第一級の歌手であった

    田村 哲雄(タムラ テツオ)
    1948年、埼玉県生まれ。会社員。埼玉県在住

  • ページ数
    278p
  • ISBN
    978-4-7948-0658-1
  • 発売日
    2005年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ヴァグナーのオペラは、現在、ヨーロッパ・アメリカのみならず日本でも盛んに上演されているが、歌手に着目すると、ヒロインを歌う超ドラマティック・ソプラノでは、かつてのビルギット・ニルソンやその先輩にあたるキルステン・フラグスタートを凌ぐ人がまだ現れていないということに異論を唱える人はいないだろう。ニルソンはスウェーデン人、フラグスタートはノルウェー人で、彼女らは「スカンジナビア系超ドラマティック・ソプラノ」と呼ばれている。
     このスカンジナビア系超ドラマティック・ソプラノからは多くのすぐれたヴァグナー歌手が
目次
子ども・青年期
パリへ、そしてストックホルムでデビュー(一八八三~一八八七)
コペンハーゲンでのグリーグとスヴェンセンとの出会い
ノルウェーでのコンサート、そしてストックホルムでのオペラデビュー
グリーグへの協力、コペンハーゲンでの成功
結婚(一八九〇年)。コペンハーゲンでの『ヴァルキューレ』上演
バイロイトへの準備―クレオパトラのごとく
バイロイトへ、ウィーンでのコンサート(一八九六年)
バイロイトでブリュンヒルデを演じたエレン・グルブランソン―その大成功の結果
バイロイト、ロンドン、ベルゲンでの音楽祭そして、モスクワ、ベルリンへ
バイロイト、ロンドン、ベルゲンでの音楽祭 そして、モスクワ、ベルリンへ
ヘルシンキでの『ヴァルキューレ』 コヴェントガーデンでの『指環』 歌手生活二十五周年―最後のバイロイト
1914年秋以降の演奏活動 引退、晩年

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原タイトル:Boken om Ellen Gulbranson
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 評伝エレン・グルブランソン グリーグとコジマ・ヴァグナーを魅了した北欧のプリマ・ドンナ
  • 評伝エレン・グルブランソン グリーグとコジマ・ヴァグナーを魅了した北欧のプリマ・ドンナ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中