ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • チョコ猫で町は大騒ぎ

  • チョコ猫で町は大騒ぎ

チョコ猫で町は大騒ぎ

  • ジョアンナ・カール/著 岩田佳代子/訳 カール,ジョアンナ(Carl,Joanna)
    アメリカ・オクラホマ州生まれ。オクラホマ大学でジャーナリズムを学び、新聞社で記者やコラムニストとして活躍する。本名のイヴ・K・サンドストローム名義でオクラホマを舞台とした2つのミステリー・シリーズを執筆していたが、夫の故郷であるミシガン湖畔の別荘で夏のバカンスを過ごすうちにミシガン湖にほれこみ、そこを舞台としたミステリー・シリーズを書くことを思い立つ。さらにチョコレート製造と公認会計士というふたりの娘の職業をモデルとして『チョコ猫で町は大騒ぎ』のヒロインであるリーが生まれ、新たなコージー・ミステリーのシリーズとして別名義で発表されることとなった

    岩田 佳代子(イワタ カヨコ)
    東京都出身。清泉女子大学文学部英文学科卒

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス
  • ページ数
    371p
  • ISBN
    978-4-7897-2557-6
  • 発売日
    2005年05月

840 (税込:907

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • お飾りの妻なんてもううんざり!リーは口うるさい夫と離婚、おばを頼ってテキサスからミシガン湖畔の小さな町ワーナー・ピアに越してきた。おばが経営するこだわりのチョコレートショップを手伝いながら自立しようと奮闘しているリーだったが、ある日、町に滞在中の大物弁護士がおばの特製チョコを食べて即死してしまい、町は大騒ぎに。死因はなんとチョコに含まれた青酸カリだった。うちのチョコは悪くない!―リーはチョコの無実を証明しようとするのだが、おっちょこちょいのリーが動けば動くほど、店は窮地に立たされていく。さて真犯人は?とっても楽しいコージー・ミステリー。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原タイトル:The chocolate cat caper
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • チョコ猫で町は大騒ぎ
  • チョコ猫で町は大騒ぎ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中