ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 水平記 松本治一郎と部落解放運動の一〇〇年

  • 水平記 松本治一郎と部落解放運動の一〇〇年

ポイント倍率

水平記 松本治一郎と部落解放運動の一〇〇年

  • 高山文彦/著 高山 文彦(タカヤマ フミヒコ)
    1958年(昭和33年)宮崎県高千穂町生まれ。法政大学文学部中退。1999年刊の『火花 北条民雄の生涯』(飛鳥新社、のちに角川文庫)で第31回大宅壮一ノンフィクション賞と、第22回講談社ノンフィクション賞を受賞

  • ページ数
    719p
  • ISBN
    978-4-10-422203-2
  • 発売日
    2005年05月

3,000 (税込:3,240

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 被差別部落に生まれ、差別根絶の闘争に身命を賭した男・松本治一郎。その壮烈無比な生涯を描き上げながら、日本近代史の暗闇に光を投じた感動の巨編。
目次
部落の子
新たな地平
水平社誕生
錦旗革命
入獄
軍隊との闘争
天皇直訴
請願行進千二百キロ
死するは本望
策謀者たち
戦時下を生きる
訣別
九州共和国
拝謁拒否
世界水平への旅
井戸を掘る
五禁の人

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

生き抜け、その日のために―。近代国家と正面から闘い、多くの受難を乗り越えて、差別に苦しむ部落の人々に大いなる希望を与え続けた巨人・松本治一郎。己には酒、煙草、博奕、妻帯、ネクタイの「五禁」を課して、「部落解放の父」と呼ばれたその峻烈な人生を歴史の暗闇から浮かび上がらせた、後世に伝うべき圧倒的感動の評伝。

ページの先頭へ

閉じる

  • 水平記 松本治一郎と部落解放運動の一〇〇年
  • 水平記 松本治一郎と部落解放運動の一〇〇年

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中