ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • お父さんが倒れました 脳梗塞わが家の闘病記 あなたの家族はひとつになれますか

  • お父さんが倒れました 脳梗塞わが家の闘病記 あなたの家族はひとつになれますか

お父さんが倒れました 脳梗塞わが家の闘病記 あなたの家族はひとつになれますか

  • 川嶋光/著 川嶋 光(カワシマ コウ)
    1948年10月10日、東京都杉並区に生まれる。子供時代を荻窪、高円寺で過ごす。都立富士高等学校から二浪後、武蔵大学人文学部欧米文化学科に入学。卒業後は、いんなあとりっぷ社に就職するも、3カ月で退社。その後は、マーケティング会社の契約社員として糊口をしのぐ。73年に結婚。千葉に住まいを移す。75年に食料醸界新聞社に入社し、3年後に総合食品研究所へ転職。77年に長男誕生。80年には長女が生まれるも、82年9月に退職して、フリーライターとなる。その一方で、少年野球チームのコーチに休日を捧げて、80年代を過ごす。90年代に入ると仕事が多忙を極め、個人の貯金が五〇〇万円になったこともあった。2004年1月、自宅で倒れているところを家族に発見される。現在、千葉県八千代市在住

  • ページ数
    201p
  • ISBN
    978-4-8334-5010-2
  • 発売日
    2005年06月

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 脳梗塞で倒れたとき、家族はひとつになれますか?
目次
第1章 朝―目覚めると体が動かなかった
第2章 手術―家族の結末はなぜ揺れたか
第3章 看病―哀しそうな目をされるのは辛い
第4章 医療費―倒れて初めて知った「命の値段」
第5章 リハビリ―左手が動くようになった日
第6章 復帰―仕事のスピードは格段に鈍った
第7章 脳卒中―誰にでも可能性がある病気
第8章 家族の日記―読んで、私は泣いた

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • お父さんが倒れました 脳梗塞わが家の闘病記 あなたの家族はひとつになれますか
  • お父さんが倒れました 脳梗塞わが家の闘病記 あなたの家族はひとつになれますか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中