ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 精神科医の綴る幸福論 「あるがままの自分」から「あるべき自分」へ

  • 精神科医の綴る幸福論 「あるがままの自分」から「あるべき自分」へ

精神科医の綴る幸福論 「あるがままの自分」から「あるべき自分」へ

  • 大原健士郎/著 大原 健士郎(オオハラ ケンシロウ)
    1930年、高知県生まれ。61年、東京慈恵会医科大学大学院博士課程修了。66年、南カリフォルニア大学精神科客員教授、ロサンゼルス自殺予防センター特別招聘研究員として1年間留学。76年、東京慈恵会医科大学助教授を経て、77年、浜松医科大学教授。96年退任、同大名誉教授となる。森田療法の権威、自殺研究の第一人者

  • ISBN
    978-4-7505-0430-8
  • 発売日
    2005年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 森田療法の権威が長年の臨床経験の末に辿り着いた結論―それは「人はみな、幸せになる能力を備えている」ということ。
目次
第1部 幸福の輪郭―幸福とは何か(老いても病んでも、幸福感は湧いてくる
これまでの幸福論に足りないもの
ある人は「幸」と感じ、別の人は「不幸」と感じる
後からしみじみと感じる幸福がある
「不幸」を「幸」に変える能力)
第2部 幸福の処方箋―人はみな幸せになれる(生の欲望
見失ったゴールを求めて―中高年男性の場合
将来に不安を抱えて―中高年独身女性の場合
孤独を癒してくれるもの―高齢者の場合
人の温もりに支えられて―病人の場合
混乱と戸惑いと人恋しさと―痴呆(認知症)老人の場合
悲しみに耐えがたいとき
絶望して“死にたい”と思ったとき)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 精神科医の綴る幸福論 「あるがままの自分」から「あるべき自分」へ
  • 精神科医の綴る幸福論 「あるがままの自分」から「あるべき自分」へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中