ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 理論と実践の統一 認識なきオルグの誤謬

  • 理論と実践の統一 認識なきオルグの誤謬

理論と実践の統一 認識なきオルグの誤謬

  • 牧野紀之/編著 牧野 紀之(マキノ ノリユキ)
    1939年、東京に生まれる。1963年、東京大学文学部哲学科を卒業。1970年、東京都立大学大学院を卒業。1960年の安保闘争の中で直面した問題と取り組み、ヘーゲル哲学を介して考える中で、生活を哲学する方法を確立。明快な論理と平易な文章で知られる。ドイツ語教師としての活動の中で、関口存男(つぎお)氏のドイツ語学を受け継ぐ。言葉を科学とするということを主張している。最近は教科通信を武器とした授業で教育活動にも新境地を拓く。メルマガ「教育の広場」で活発な社会的発言を続けている

  • ページ数
    431p
  • ISBN
    978-4-8460-0308-1
  • 発売日
    2005年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,500 (税込:4,860

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 宇野弘蔵、松村一人、梅本克己など、かつてマルクス主義運動を提唱した人々の諸論考を読み直し、認識論の立場から、人間の根本となる理論と実践の関係を再考する。
目次
序論 オルグの根拠としての理論と実践の統一
ヘーゲル「法の哲学」(牧野紀之訳)
ルッポル「レーニン主義と哲学」(広島定吉訳)
毛沢東「実践論」(牧野紀之訳)
松村一人「ヘーゲルの絶対的理念にかんする批判的考察」
レオーノフ「弁証法的唯物論講話」(社会思想研究所編訳)
宇野弘蔵「理論と実践」
梅本克己「理論と実践の問題」
甘粕石介「理論と実践との弁証法」
柳田謙十郎「認識と実践」
許万元「ヘーゲル弁証法の本質」
理論と実践の統一

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 理論と実践の統一 認識なきオルグの誤謬
  • 理論と実践の統一 認識なきオルグの誤謬

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中