ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 阿部謹也自伝

  • 阿部謹也自伝

阿部謹也自伝

  • 阿部謹也/著 阿部 謹也(アベ キンヤ)
    1935年東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。ドイツ中世史、西洋社会史研究の第一人者。前一橋大学長。一橋大学名誉教授。著書に『中世の窓から』(大仏次郎賞受賞 朝日選書)などがある

  • ページ数
    349p
  • ISBN
    978-4-10-475901-9
  • 発売日
    2005年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,700 (税込:1,836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 貧しさのなかで出会ったキリスト教。恩師から学んだ学問の意味。ヨーロッパと日本の差異の発見。出会いから逃れない人間の、魂の声が聞こえる待望の書。
目次
神田の頃
鎌倉の暮らし
小学校にて
川越への疎開と敗戦
牛込にて
カトリックの修道院にて
洗礼
帰京
はじめての山
大学入学〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

裕福な家に生まれるも父の死によって急転し、カトリック修道院に預けられた少年時代。神父への道を約束されながら、学問の道を選んだ青年期。大学時代の恩師の言葉“それをやらなければ、生きてはいけないテーマ”を胸に、ヨーロッパ中世の仄暗い森へと分け入ったドイツ留学時代―。日本人の生き方の問題、そして転換期の国立大学が直面した諸問題にも真摯に取り組んだ、一人の自立した学者の、揺るぎない人生の軌跡。

ページの先頭へ

閉じる

  • 阿部謹也自伝
  • 阿部謹也自伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中