ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ブリヂストンの光と影

  • ブリヂストンの光と影

ポイント倍率

ブリヂストンの光と影

  • 木本嶺二/著 木本 嶺二(キモト レイジ)
    1935年満州吉林省生まれ、福岡県出身。青山学院大学第2文学部英米文学科卒業。在学中、代表委員、新聞部々長を経て、代表委員会委員長。卒業後ゴム工業通信社入社、1972年(株)RK通信社創立、現会長。1979年(株)木本書店設立。ゴム記者会々員、経済産業省ペンクラブ会員、日本外国人特派員協会々員

  • ページ数
    342p
  • ISBN
    978-4-905689-81-2
  • 発売日
    2005年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 激動期の今、経営が見失っている大切なものは何か。ブリヂストン、そこでの創業者・石橋正二郎と重臣・柴本重理というスケールの大きな男同士の出会いの物語を通して、いつの世にも変わらぬ企業経営の本質が見えてくる。タイヤメーカー経営者の中枢に最も近い著者ならではの核心をついた渾身の手記。
目次
天気晴朗ナレドモ波高シ
正二郎とリッチフィールド
正二郎の哲学
熟慮断行
徹底した合理性の追及
石橋幹一郎の意外な側面
46日間の長期ストとその背景
鳩山一郎と吉田茂
正二郎と柴本の出会い
統制令でシェア激変―商工省担当官と三人の侍〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ブリヂストンの光と影
  • ブリヂストンの光と影

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中