ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 何があっても大丈夫

  • 何があっても大丈夫

ポイント倍率

何があっても大丈夫

  • 桜井よしこ/著 桜井 よしこ(サクライ ヨシコ)
    1945年、敗戦の混乱の中、ベトナムの野戦病院で生まれる。引揚げ後は、両親の故郷である大分県と新潟県で少女時代をすごす。県立長岡高校卒業と同時に、父がレストランを経営していたハワイに単身渡り、自活しながらハワイ州立大学歴史学部を卒業。米紙「クリスチャン・サイエンス・モニター」東京支局員などを経て、日本テレビ「きょうの出来事」ニュースキャスターを16年間務める。その後言論活動に入り、社会派ジャーナリストとして活躍中。『エイズ犯罪・血友病患者の悲劇』(中公文庫)で大宅壮一ノンフィクション賞、『日本の危機』(新潮文庫)を軸とする言論活動で菊池寛賞を受賞

  • ページ数
    317p
  • ISBN
    978-4-10-425307-4
  • 発売日
    2005年02月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ベトナムの野戦病院での誕生、父の不在、雪深い長岡で過ごした10代、孤独と闘ったハワイでの大学生活、新聞社助手の日々、結婚と離婚、そしてニュースキャスターに…。若き日の悩み、苦しみ、葛藤と真摯に向き合った待望の回想記。
目次
第1章 しっかり物を見なさい―母がくれた宝物(母の秘密
国破れて山河あり
モーボサンセン ほか)
第2章 私たちは二番目なんだ―父からの自立(ミセス・ロングドレス
豹変
小さなスーツケース ほか)
第3章 一体、何になりたいのか―ジャーナリストへの道(私には、出来ると思う
彼らの流儀
官邸の攻防 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

帰らない父。けれども、私には強く優しい母がいた…。ベトナム、日本、ハワイを舞台に出生からニュースキャスターになるまでの劇的な半生をつづった待望の自伝。

ページの先頭へ

閉じる

  • 何があっても大丈夫
  • 何があっても大丈夫

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中