ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • その後の慶喜 大正まで生きた将軍

  • その後の慶喜 大正まで生きた将軍

その後の慶喜 大正まで生きた将軍

  • 家近良樹/著 家近 良樹(イエチカ ヨシキ)
    1950年、大分県生まれ。同志社大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。専攻は日本近代史とくに幕末維新史。大阪経済大学教授。中央大学博士(史学)

  • シリーズ名
    講談社選書メチエ 320
  • ページ数
    214p
  • ISBN
    978-4-06-258320-6
  • 発売日
    2005年01月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 幕末最高権力者の、その後は約50年続いた将軍の座を追われ、大正2年に没するまでの長い後半生は、失意の時代なのか、幸福な日々だったのか?明治を「歴史上の人物」として静かに生きた男・慶喜の軌跡
目次
第1部 静岡時代の徳川慶喜(恭順表明から静岡に至るまで
言動を律する趣味人―明治初年代
取り戻されたゆとり―明治一〇年代
身内・知己の死と新しいものへの関心―明治二〇年代)
第2部 東京時代の徳川慶喜(修復された皇室との関係―公爵授与以前
老いと自分史への協力―公爵授与以後)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

幕末最高権力者の、約50年続いた将軍の座を追われ、大正2年に没するまでの長い後半生は、失意の時代なのか、幸福な日々だったのか。

ページの先頭へ

閉じる

  • その後の慶喜 大正まで生きた将軍
  • その後の慶喜 大正まで生きた将軍

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中