ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • オードリーの魅力をさぐる 真の女性らしさとは

  • オードリーの魅力をさぐる 真の女性らしさとは

オードリーの魅力をさぐる 真の女性らしさとは

  • レイチェル・モーズリー/著 黒川由美/訳 モーズリー,レイチェル(Moseley,Rachel)
    英国生まれ。英国イングランド中部、ウォリック大学のフィルム・アンド・テレビジョン・スタディーズの講師。専門は映画研究およびジェンダー学。ティーンエイジャー向けテレビ番組の歴史に関する評論を執筆

    黒川 由美(クロカワ ユミ)
    津田塾大学英文科卒。英国留学後、通訳、映像翻訳業にたずさわる

  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-487-79994-7
  • 発売日
    2005年01月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • オードリー・ヘップバーンの魅力を通じて、イギリスの映画学者が解き明かした、より深い映画の味わい方と「真の女性らしさ」のノウハウをまとめた一冊。
目次
第1章 オードリー・ヘップバーン―女性のためのスター(透明感と本物であること
「むかし、むかし」で始まるおとぎ話、ファッション、女らしさ ほか)
第2章 ドレスと主観―オードリーの思い出(ドレスと願望―ファッションによる自己表現
オードリーとともに育った女性たち―ドレスと主観 ほか)
第3章 オードリー・ルックをする(ほかのスターとは「違う」
女の子らしく ほか)
第4章 シンデレラ・ストーリー―五〇年代と六〇年代における服装と社会的ステータス(舞踏会に行こう
愛と結婚と家庭 ほか)
第5章 九〇年代の若い女性たち―懐古趣味とポストフェミニズム(母と娘―オードリーを知るきっかけ
「彼女はにせ物だ。だが、本物のにせ物だ」 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原書名:Growing up with Audrey Hepburnの抄訳
対象年齢 一般

商品のおすすめ

イギリスの映画研究者が、これまでなされなかったオードリー・ヘップバーンとその映画を、インタビューを含めて、さまざまな角度から包括的に検討し、映画学の学生や専門家向けにまとめ上げたテキストが、本書の原書です。そのエッセンスを、広く日本の多くのオードリーファンが楽しみながら読めるようにするために、著者の了解を得て、力ある訳者によって仕立て直されたのが、この日本語抄訳版です。これまで日本人には気づきにくかった映画の持ち味やオードリーの変わらぬ魅力の理由が、イギリス女性たちの目を通して解き明かされることで、本書は日本のオードリーファンに、新たな視点と、より深い映画の味わい方、そして「真の女性らしさ」をあらためて考える機会を提供することになるでしょう。

ページの先頭へ

閉じる

  • オードリーの魅力をさぐる 真の女性らしさとは
  • オードリーの魅力をさぐる 真の女性らしさとは

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中