ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アンデルセン ある語り手の生涯

  • アンデルセン ある語り手の生涯

アンデルセン ある語り手の生涯

  • ジャッキー・ヴォルシュレガー/〔著〕 安達まみ/訳 ヴォルシュレガー,ジャッキー(Wullschlager,Jackie)
    1962年生まれ。オックスフォード大学ユニヴァーシティ・コレッジ卒業。文芸・美術評論家、『フィナンシャル・タイムズ』紙文芸・美術部主席記者

    安達 まみ(アダチ マミ)
    1956年生まれ。東京大学大学院修了。聖心女子大学助教授

  • ページ数
    401,7p
  • ISBN
    978-4-00-022027-9
  • 発売日
    2005年03月

6,400 (税込:6,912

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • みにくいアヒルの子、人魚姫たちの中に投影される、作者の内面の真実をあざやかに描いた評伝の決定版。
目次
生涯の物語
田園―一八〇五‐一二年
若き喜劇役者どの―一八一二‐一九年
都会―一八一九‐二二年
学校のアラジン―一八二二‐二七年
幻想―一八二七‐三一年
わたしの時間は心のもの―一八三一‐三三年
イタリア―一八三三‐三五年
最初のおとぎ話―一八三五年
刃を踏んで―一八三六‐三七年〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原タイトル:Hans Christian Andersenの抄訳
対象年齢 一般

商品のおすすめ

生誕二〇〇年を迎えた今なお、おとぎ話作家として敬愛をあつめてやまないアンデルセン(一八〇五‐七五)。しかし、日記、書簡、同時代のさまざまな証言を丹念に読み込んでゆくと、そこには、優雅に羽を広げる白鳥ではなく、自分の生涯をも幾度も語りなおしては創りあげる、おどおどしたアヒルの子が顔をのぞかせる。「アヒル小屋で生まれてもいっこうにかまいません。白鳥の卵からかえっていれば、ですが」とつぶやく、みにくいアヒルの子をはじめ、マッチ売りの少女、人魚姫、モミの木、鉛の兵隊など、広く愛されつづける主人公たちをはぐくんだ時代を描き、作品のなかに投影される作者自身の内面の真実にあらたな光をあてた、注目の伝記。

ページの先頭へ

閉じる

  • アンデルセン ある語り手の生涯
  • アンデルセン ある語り手の生涯

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中