ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 『ギロチン城』殺人事件 驚愕の密室犯罪

  • 『ギロチン城』殺人事件 驚愕の密室犯罪

『ギロチン城』殺人事件 驚愕の密室犯罪

  • 北山猛邦/著 北山 猛邦(キタヤマ タケクニ)
    1979年8月9日生まれ。著書に「『クロック城』殺人事件」(第24回メフィスト賞受賞作)、「『瑠璃城』殺人事件」、「『アリス・ミラー城』殺人事件」がある

  • シリーズ名
    講談社ノベルス
  • ページ数
    236p
  • ISBN
    978-4-06-182416-4
  • 発売日
    2005年02月

840 (税込:907

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人形塚に残されていた「Help」という文字を書く書記人形と女性写真。この謎に迫るため探偵の幕辺と学生の頼科は人形の出所『ギロチン城』へ。密室で起きた城主斬首殺人事件という過去、外界を拒絶した構造、多くの処刑具、過剰なセキュリティが存在するこの異様な館で二人を待ち受けていたのは新たな密室殺人!物理トリックの名手・北山猛邦の“城”シリーズ第4弾。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 『ギロチン城』殺人事件 驚愕の密室犯罪
  • 『ギロチン城』殺人事件 驚愕の密室犯罪

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中