ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アンドレ・マルロー伝

  • アンドレ・マルロー伝

ポイント倍率

アンドレ・マルロー伝

  • 中野日出男/著 中野 日出男(ナカノ ヒデオ)
    1941年静岡県生まれ。東京大学仏文科学士・修士課程卒、博士課程中退。第1次、第2次両大戦間期のフランス文学を専攻。1971年渡仏後約10年間をフランスで過ごす。日本生産性本部フランス駐在員、在仏日本商業会議所事務局長等を務めながら、フランス文化への理解を深める。1981年帰国後は、光ファイバー、ナノテクノロジー分野における先端部品の開発・販売に携わりつつ、フランス文学・思想研究に従事している

  • ページ数
    236p
  • ISBN
    978-4-620-31697-0
  • 発売日
    2004年09月

1,905 (税込:2,057

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 20世紀の激動をダイナミックに生きた文学者=政治家の生涯を描き切った初の本格的評伝!
目次
二十世紀を彷徨する男―初期実験作『紙の月』『奇妙奇態王国』
植民地インドシナで見たもの
反抗と「苛烈さ」への思索―『西欧の誘惑』
革命と不条理―小説『征服者』
ジャングルの中の西欧―小説『王道』
「運命的力」に抗がう倫理的価値―小説『人間の条件』
反ファシズム運動への「参加」―小説『侮蔑の時代』
スペイン内戦の義勇兵として―小説『希望』
思想的挫折とレジスタンス
戦中から戦後へ―小説『アルテンブルクのくるみの木』
ド・ゴールとの出会いと戦後の新たな「参加」
西欧文明の超克を求めて―美術論『沈黙の声』
共和制改革運動の破綻
崩壊するフランス植民地帝国
学生反乱の季節へ―回想録『反回想録』
臨死体験を経て日本画の世界へ―『ラザロ』『非時間界』
最晩年の精神的求道

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

アンドレ・マルロー、前衛的文学者にして独創的政治家。二度の世界大戦、反ファシズム、スペイン人民戦線、アルジェリア独立運動…を当事者として経験し、アジア、アフリカの異文明との出会いによって西欧を超える新たな価値を求め続けたこの破天荒な20世紀人の生涯を描く、日本初の本格的評伝。

ページの先頭へ

閉じる

  • アンドレ・マルロー伝
  • アンドレ・マルロー伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中