ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 精神科デイケアの始め方・進め方

  • 精神科デイケアの始め方・進め方

精神科デイケアの始め方・進め方

  • 窪田彰/著 窪田 彰(クボタ アキラ)
    長野県生まれ。1974年3月、金沢大学医学部卒業。同年、東京医科歯科大学精神神経科研修医。1975年11月、福祉法人ロザリオの聖母会海上寮療養所勤務。1979年1月、東京都立墨東病院精神科救急病棟勤務。1986年4月、クボタクリニック開業。1997年12月、錦糸町クボタクリニック開設。東京精神神経科診療所協会会長。(社)日本精神神経科診療所協会理事。日本集団精神療法学会常任理事。日本デイケア学会理事。東京医科歯科大学臨床教授

  • ページ数
    254p
  • ISBN
    978-4-7724-0845-5
  • 発売日
    2004年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 精神障害リハビリテーションは,今や「日本型地域ケアモデル」を創出すべき時期に来ている。それは,心の病を持った人が住む街に,さまざまな機能を持った小さな拠点が数多く存在し,各自のライフスタイルに応じて自分で“行く場”を決めることのできる“オーダーメイドのリハビリテーション”である。その中で,医療と福祉の橋渡しを担う精神科デイケアの役割は,今後さらに重要なものとなろう。 本書は,精神科デイケアの成り立ちから開設にあたっての準備,経済的予測,運営面での注意事項,プログラムの組み立て方やグループで起こるさまざまな問題への対処法,職員のトレーニングやミーティングの方法,効果判定まで,「人になじみ,街になじむ」ための生活の拠点作りをめざすクボクリ・デイケアの実践を,現行の資料や実例に即しながら仔細に紹介したもので,「精神科デイケア開設マニュアル」「精神科デイケア・スタッフマニュアル」として活用できる。 著者が東京下町で展開して来た20年以上に及ぶ実践は,精神科デイケアのみならず,地域精神保健福祉活動に携るすべての施設・職種の人々に,スキルアップのヒントと問題解決の指針を示すものである。
目次
STEP1 基礎編 精神科デイケアってどんなところ? 第1章 精神科デイケアとは 第2章 精神科デイケアの実際:東京下町錦糸町での実践から STEP2 実践編1 精神科デイケアを始めよう 第3章 ハード面での準備と施設基準 第4章 運営面での準備 第5章 ソフト面での準備:初めてのデイケア STEP3 実践編2 プログラムを効果的に,豊かに進めよう 第6章 プログラムの組み立て方 第7章 プログラムのいろいろ 第8章 デイケア,ナイトケアで出会うこといろいろ 第9章 デイケアグループにおける個人の成長 第10章 職員の資質とチームワーク 第11章 デイケア活動の効果判定と評価基準 第12章 グループワークとしてのデイケア:集団精神療法の視点 STEP4 理論編 さらに深くデイケアを理解し,実践に活かそう 第13章 リハビリテーション理念と福祉活動との連携 第14章 地域精神医療・保健・福祉の動向とデイケア 【資料】 精神科デイケア,精神科ナイトケア,精神科デイ・ナイトケア施設基準

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 精神科デイケアの始め方・進め方
  • 精神科デイケアの始め方・進め方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中