ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • おヨネとコハル

  • おヨネとコハル

おヨネとコハル

  • ヴェンセスラウ・デ・モラエス/著 岡村多希子/訳 モラエス,ヴェンセスラウ・デ(Moraes,Wenceslau De)
    1854~1929。1898年日本に移住。領事として14年間神戸にあったのち、徳島に隠棲。日本をポルトガルに紹介する

    岡村 多希子(オカムラ タキコ)
    東京外国語大学名誉教授

  • シリーズ名
    ポルトガル文学叢書 5
  • ページ数
    244p
  • ISBN
    978-4-88202-915-1
  • 発売日
    2004年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 二人の日本人女性への追慕の情を通して描く大正期のニッポン。ポルトガル人作家モラエス生誕150周年記念出版。
目次
コハル
おヨネだろうか…コハルだろうか…
正午の号砲(またもやコハル)
祭日のごちそう
日本の三人心中
日本の異国情調
潮音寺の墓地のごみため
着物?それともお金?―着物
久松は家にいません
無臭
半分のバナナ
ある散歩での感想
風景を最後にひと目
夢をみて
敦盛の墓
笑ったり泣いたり
私の追慕の園で
ある日本の諺

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原書名:〓‐yon〓 e Ko‐haru
対象年齢 一般
版数 増補改訂版

商品のおすすめ

ポルトガルの作家モラエスが愛した2人の日本人女性…徳島の人々との暮らしの中で感じたことを文学に結晶した傑作の増補改訂版。

ページの先頭へ

閉じる

  • おヨネとコハル
  • おヨネとコハル

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中