ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 嘆きの城

  • 嘆きの城

嘆きの城

  • デボラ・シモンズ/著 石川園枝/訳 シモンズ,デボラ(Simmons,Deborah)
    日本では『狼を愛した姫君』でデビュー以来、ヒストリカルの分野でナンバーワンの人気を誇る作家。戦いのシーンもある中世の物語と、社交界が華やかなイギリス摂政時代の物語を描き分ける。「どの作品も個性の際立ったものに仕上がるよう心がけている」と語る。米オハイオ州在住

  • シリーズ名
    ハーレクイン・ヒストリカル文庫
  • ページ数
    363p
  • ISBN
    978-4-596-71008-6
  • 発売日
    2004年11月

680 (税込:734

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ワージントン侯爵ジャスティン・セント・ジョン―ロンドン社交界に名を馳せる極めつけの放蕩者。彼は、クレアが十四歳のころ初めて恋した男性だった。無邪気な憧れを胸に、古い石造りの城を訪れたあの日から、クレアの夢は、そのお城に住む王子様と結婚することだった。結局、彼の女ぐせの悪さのせいで夢は破れ、彼女は心に大きな傷を負った。ところが四年後、クレアが晴れて社交界入りしたとき、女たらしの伊達男ぶりをさらに増した彼が、なんのつもりか、クレアにまた近づいてきた。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原書名:The squire’s daughter
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 嘆きの城
  • 嘆きの城

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中