ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ライオンのしごと

  • ライオンのしごと

ポイント倍率

ライオンのしごと

  • 竹田津実/作 あべ弘士/絵 竹田津 実(タケタズ ミノル)
    1937年大分県生まれ。岐阜大学農学部獣医学科卒業。野生動物にあこがれて、北海道斜里郡小清水町農業共済組合・家畜診療所に獣医として赴任。1991年に退職。1966年からキタキツネの生態調査を始め、1972年より、傷ついた野生動物の保護・治療・リハビリに取り組む。写真家・エッセイストとしても活躍。北海道東川町在住

    あべ 弘士(アベ ヒロシ)
    1948年北海道生まれ。1972年より、20年以上旭川市旭山動物園に勤務。飼育係としてあらゆる動物たちの世話をしながら絵を描いていたが、現在は絵を描く仕事に専念。『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞を、『ゴリラにっき』(小学館)で小学館出版文化賞を受賞している。北海道旭川市在住

  • シリーズ名
    どうぶつさいばん
  • テーマ名
    どうぶつ
  • ISBN
    978-4-03-331360-3
  • 発売日
    2004年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • タンザニアの草原。ヌーを襲ったライオンが裁判にかけられる。8つの証言の後判決が。動物の世界のあるがままの姿を伝える絵本。

    【対象】 
     
    幼児~小学低学年

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 24×29cm
対象年齢 幼児~小学低学年

商品のおすすめ

タンザニアの草原にたつ一本のイチジクの木。大きなイチジクの木は、ずっとずっとむかしから草原をながめていました。イチジクの木はたくさんのことをしっています。草原はずっとかわらないこともしっています。そのイチジクの木のもとでくり広げられる「どうぶつさいばん」。うったえたのはヌー。うったえられたのはライオン。かずかずの証言、タンザニアの草原、ライオンに罪はあるのか?長年、野生動物の獣医として動物を診続けてきた著者竹田津実と、動物園の飼育係として20年以上、動物と生活を共にしていた画家あべ弘士が、動物たちのあるがままの姿を語る絵本。5歳から。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

昔々から草原を見守っていたイチジクの木が見た、動物達のドラマの一こま。それが、動物達が主催する裁判と言う形で語られて行きます。そして、裁判は読者に弱肉強食の自然の中での機能を明快に説明してくれるのです。病気になった動物のたどる運命は?それぞれの動物にとっては、過酷なものであっても、その群れ、種族、ひいては草原全体、アフリカ全土・・・という、大きな視点で見た場合、仕方がないものであること。いえいえ、そればかりか、理にかなった物であることが、読み終わればわかります。4歳の末娘にと、大好きなあべ弘士さんの絵だったので選んだのですが、内容は小学生向きでした。(えっこさん 40代・東京都杉並区 男11歳、女8歳、女4歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ライオンのしごと
  • ライオンのしごと

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中