ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 評伝北一輝 5

  • 評伝北一輝 5

評伝北一輝 5

  • 松本健一/著 松本 健一(マツモト ケンイチ)
    1946年群馬県生まれ。東京大学経済学部卒業。評論家、麗沢大学教授

  • 巻の書名
    北一輝伝説
  • ページ数
    293,30p
  • ISBN
    978-4-00-026480-8
  • 発売日
    2004年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 若殿に兜とられて敗けいくさ――1937年8月19日銃殺。著者33年の研鑽、ここに完結。
目次
1 北一輝の二・二六事件(栗原安秀の登場
真崎甚三郎と磯部浅一
蹶起前夜
雪の二・二六 ほか)
2 北一輝伝説(大いなる影
虚実いり乱れて
革命伝説)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

いや、私はやめておきましょう―北一輝は処刑にあたって、西田税の「私たちも天皇陛下万歳を唱えましょうか」との問いに答えた。一九三七年八月十九日午前五時五十分銃殺。享年五十四歳、戒名経国院大光一輝居士。棺を蓋いて未だ事定まらぬその生涯と思想を追い続けた著者三十年余の史料博捜と研鑽の成果、全五巻三千枚、ここに完結。

ページの先頭へ

閉じる

  • 評伝北一輝 5
  • 評伝北一輝 5

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中