ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 遠藤周作とドストエフスキー

  • 遠藤周作とドストエフスキー

ポイント倍率

遠藤周作とドストエフスキー

  • 清水正/著 清水 正(シミズ マサシ)
    1949年我孫子市生。日本大学芸術学部文芸学科卒。現在、日本大学芸術学部文芸学科教授。日本大学大学院芸術学研究科教授。所沢校舎で「マンガ論」を担当、つげ義春、浦沢直樹、望月峯太郎、業田良家、白土三平等のマンガ作品を講じている。江古田校舎で「文芸批評論」を担当、ドストエフスキー、宮沢賢治等の作品を講じている。文芸批評家。D文学研究会主宰。日本文芸家協会会員

  • ISBN
    978-4-434-04823-4
  • 発売日
    2004年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 遠藤文学はどこまでドストエフスキー文学に迫まることができたのか!遠藤周作にとって信仰とは、小説を書くとはどういうことだったのか。彼は「母性とカオス」の信仰者だったのか、それとも彼は最後までひとりの小説家であったのか。遠藤文学をドストエフスキー文学との比較において徹底的に検証した衝撃的作品批評である。
目次
遠藤周作の『沈黙』を読む(遠藤周作の顔とキチジロー
ロドリゴの聴覚―神の言葉を聞こうとしている耳
『沈黙』に描かれた海―“沈黙の神”と“パライソの確信”
ドストエフスキーの人神論者たちとロドリゴ
懐疑するキリスト者ロドリゴ ほか)
遠藤周作の『真昼の悪魔』を読む(悪魔は神の影
外人神父の語る“悪魔”
遠藤周作はどこまでドストエフスキーに迫ることができるのか
埃のような悪魔―女医の空虚感
“人を殺す”のは悪か―『罪と罰』のラスコーリニコフとの関連において ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 遠藤周作とドストエフスキー
  • 遠藤周作とドストエフスキー

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中