ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ドン河の戦い スターリングラードへの血路はいかにして開かれたか?

  • ドン河の戦い スターリングラードへの血路はいかにして開かれたか?

ドン河の戦い スターリングラードへの血路はいかにして開かれたか?

  • マクシム・コロミーエツ/共著 アレクサンドル・スミルノーフ/共著 小松徳仁/訳 斎木伸生/監修 コロミーエツ,マクシム(Коломиец,Максим)
    1968年モスクワ市生まれ。1994年にバウマン記念モスクワ高等技術学校(現バウマン記念国立モスクワ工科大学)を卒業後、ロシア中央軍事博物館に研究員として在籍。1997年からはロシアの人気戦車専門誌『タンコマーステル』の編集員も務め、装甲兵器の発達、実戦記録に関する記事の執筆も担当。2000年には自ら出版社「ストラテーギヤKM」を起こし、第二次大戦時の独ソ装甲兵器を中心テーマとする『フロントヴァヤ・イリュストラーツィヤ』誌を定期刊行中。最近まで内外に閉ざされていたソ連側資料を駆使して、独ソ戦の実像に迫ろうとしている

    スミルノーフ,アレクサンドル(Смирнов,Александр)
    1965年レニングラード市(現サンクトペテルブルグ市)生まれ。サラリーマン業のかたわら、装甲兵器の歴史を研究し、ロシアの人気戦車専門誌『タンコマーステル』にも記事を寄稿している

    小松 徳仁(コマツ ノリヒト)
    1966年福岡県生まれ。1991年九州大学法学部卒業後、製紙メーカーに勤務。学生時代から興味のあったロシアへの留学を志し、1994年に渡露。2000年にロシア科学アカデミー社会学・政治学研究所付属大学院を中退後、フリーランスのロシア語通訳・翻訳者として現在に至る。マスコミ報道やテレビ番組制作関連の通訳・翻訳にも多く携わっている

    斎木 伸生(サイキ ノブオ)
    1960年東京都生まれ。早稲田大学大学院法学研究科博士課程修了。外交史と安全保障を研究、ソ連・フィンランド関係とフィンランドの安全保障政策が専門。現在は軍事評論家として、取材、執筆活動を行っている。『軍事研究』『丸』『アーマーモデリング』などに寄稿も数多い

  • シリーズ名
    独ソ戦車戦シリーズ 6
  • ISBN
    978-4-499-22855-8
  • 発売日
    2004年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,420

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「ニ・シャーグ・ナザード!(一歩たりとも退くな!)」ソ連軍戦車部隊の決死的抵抗をうち破り、スターリングラードへと迫るドイツ軍!1942年6月、ドイツ軍夏季大攻勢「ブラウ作戦」発動!勢いに乗ったドイツ軍は、スターリングラードへの門である“ドン河大湾曲部”の突破をはかる。対するソ連軍は膨大な損害を出しつつも、ドイツ軍の進撃を死にものぐるいで阻止しようとする。スターリングラード大攻防戦の前奏曲となった戦いを、ロシア戦史研究の最前線に立つ著者が解き明かす。日本初公開写真・資料を多数掲載!写真93点、カラー塗装図収録。
目次
第1章 1942年、ドイツ軍夏季大攻勢前夜の両軍(ドイツ軍司令部の計画
ドイツ国防軍戦車部隊 ほか)
第2章 「ブラウ作戦」の実施(ソ連第1及び第16戦車軍団の活動
ソ連第40軍左翼の戦闘 ほか)
第3章 まとめ―この戦いが両軍にもたらしたもの
塗装とマーキング
付録 実践での独ソ戦車部隊の戦術使用に関して(「ブラウ作戦」中の第23戦車師団の戦闘経験に基づき作成)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
原題 原書名:Бои в излучине Дона
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ドン河の戦い スターリングラードへの血路はいかにして開かれたか?
  • ドン河の戦い スターリングラードへの血路はいかにして開かれたか?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中