ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 妻に肝臓をもらう 臓器移植の抱える課題

  • 妻に肝臓をもらう 臓器移植の抱える課題

妻に肝臓をもらう 臓器移植の抱える課題

  • 植竹伸太郎/著 植竹 伸太郎(ウエタケ シンタロウ)
    1944年横浜生まれ。朝日新聞社会部で警視庁サブキャップ、デスクなどを担当し、横浜支局長、総合研究センター副所長などを歴任。2004年4月定年退職

  • ISBN
    978-4-7505-0409-4
  • 発売日
    2004年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

セブン-イレブン受取り(送料無料
宅配受取り
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,800 (税込:1,980

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 売血の体験取材からC型肝炎にかかり、肝硬変から末期がんへ進んだ著者は、妻の臓器提供を受け入れる―脳死移植が進まない現状で、どんな選択がありえたのか。当事者の揺れる思いと、ジャーナリストの冷静な目で臓器移植の問題点を鮮明にする渾身のルポ。
目次
プロローグ そもそもの原因―「売血の体験ルポ」から
1章 最初は教科書通りの進行
2章 老後のない人生
3章 一転、移植に向かう
4章 あなたに会えてよかった
5章 手術前夜
6章 手術室12号
7章 術後は念入りに
8章 “倫理”が振り回される
エピローグ 「私たち生まれ変わるのよ」

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
本の帯に関して 確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。
また、帯は商品の一部ではなく「広告扱い」となりますので、帯自体の破損、帯の付いていないことを理由に交換や返品は承れません。
商品ページに、帯のみに付与される特典物等の表記がある場合がございますが、その場合も確実に帯が付いた状態での出荷はお約束しておりません。予めご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 妻に肝臓をもらう 臓器移植の抱える課題
  • 妻に肝臓をもらう 臓器移植の抱える課題

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中