ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ゲーテ美術論集成

  • ゲーテ美術論集成

ゲーテ美術論集成

  • ゲーテ/著 高木昌史/編訳 高木 昌史(タカギ マサフミ)
    1944年生まれ。東京都立大学大学院博士課程修了。ドイツ文学専攻。現在、成城大学文芸学部教授

  • ページ数
    286p
  • ISBN
    978-4-7917-6139-5
  • 発売日
    2004年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 別名「眼の人」と呼ばれる文豪ゲーテ。眼の快楽を究め尽くすその好奇心は、北方ルネサンス、17世紀オランダ絵画、ドイツ・ロマン派そして風景画、さらには建築・彫刻までへと旺盛に拡張する―。抜群の審美眼のみが可能とする、精神が躍動し臨場感あふれる美術論集成。
目次
第1部 絵画(北方ルネサンス
十七世紀オランダ絵画
ドイツ・ロマン派
風景画)
第2部 建築・彫刻・版画(建築
彫刻
版画)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「眼の人」とも呼ばれるゲーテは生涯にわたって膨大な美術論エッセイを遺した。眼の快楽を求め尽くした大文豪の流麗な美術エッセイ。

ページの先頭へ

閉じる

  • ゲーテ美術論集成
  • ゲーテ美術論集成

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中