ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ペルザー家虐待の連鎖

  • ペルザー家虐待の連鎖

ペルザー家虐待の連鎖

  • リチャード・ペルザー/著 佐竹史子/訳 ペルザー,リチャード(Pelzer,Richard)
    カリフォルニア州デイリーシティに生まれる。州史上最悪といわれた虐待体験を告白し世界中で大ベストセラーを記録した『“It”(それ)と呼ばれた子』の著者デイヴ・ペルザーの実の弟。兄の壮絶な虐待の目撃者であるとともに弟リチャードもまた、実母による肉体的・精神的・感情的な虐待の被害者であったが、10代で家族を離れてハワイのマウイ島およびヴァージニア州に移り住み、自らの人生を立て直した

    佐竹 史子(サタケ フミコ)
    早稲田大学第一文学部卒業。翻訳家

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス
  • ページ数
    347p
  • ISBN
    978-4-7897-2370-1
  • 発売日
    2004年10月

700 (税込:756

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 一九七〇年、カリフォルニア州デイリーシティ。あの悲劇の家は、二人目の犠牲者を産み出していた…。五人兄弟の四番目に生まれたリチャードは、物心ついた時から兄弟のなかにひとりだけ“のけ者”がいることに気づいていた。だが、幼い彼は、母の愛情を得たいがために虐待に加担し、実の兄を死の一歩手前まで追いつめる。しかし、法の手によって兄が保護されたあと、事態は急変する―母親の新たな標的となったのは、他ならぬ彼自身だった!児童虐待の嵐が吹き荒れる家庭で育ち、苦悩のなかで強く生き抜いた少年の告白の書。
目次
あのころのこと
地下室の“It”
消えたデイヴ
だれも助けてくれない
二番目の“It”
逃走
救急車
父さんの拳銃
デイヴとの再会
悲しいクリスマス
初めての反抗
ぼくは身代わり
兄さんとの別れ
母さんに殺される!
父さんの葬式
仲間との思い出
怒りのゆくえ
少年時代の終わり

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原書名:A brother’s journey
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ペルザー家虐待の連鎖
  • ペルザー家虐待の連鎖

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中