ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • テレビがつまらないからあの人たちの話をしよう 世界の文学者・映画監督編

  • テレビがつまらないからあの人たちの話をしよう 世界の文学者・映画監督編

テレビがつまらないからあの人たちの話をしよう 世界の文学者・映画監督編

  • ページ数
    747p
  • ISBN
    978-4-434-04803-6
  • 発売日
    2004年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ダイジェストでは得られない、人やコトの「そのとき」の動き・背景、平明に語りかけてくる。
目次
第1部 世界の文学者編(ヒーローはつらいよ―ヘミングウェイの戦い
反体制的体制派―ジョン・スタインベックの思想
感覚のおもむくままに―『白鯨』
「みんな」は怖い―『ハックルベリー・フィンの冒険』
「俺はもういいよ」―ダシール・ハメットの勇気
「優柔不断」と「確信犯」―サリンジャーの場合
勝利なき戦い―トルストイの「決意」
果たして大審問官は勝ったのか―ドストエフスキーの体質)
第2部 映画監督編(育ち、家庭、民族―巨匠たちの「裏事情」1
性、階級、死―巨匠たちの「裏事情」2
『ライムライト』の不可思議現象―チャップリンの新しさ
聞こえない声で―反戦映画作家としての小津安二郎
検閲とのかけひき―エイゼンシュテインの死闘
『七人の侍』と『荒野の七人』―黒沢明の思想)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • テレビがつまらないからあの人たちの話をしよう 世界の文学者・映画監督編
  • テレビがつまらないからあの人たちの話をしよう 世界の文学者・映画監督編

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中