ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 西鶴の感情

  • 西鶴の感情

西鶴の感情

  • ページ数
    221p
  • ISBN
    978-4-06-212617-5
  • 発売日
    2004年10月

2,000 (税込:2,160

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 野間文芸賞作家が小説家西鶴を描く傑作評論商都・大坂に生き俳諧師から浮世草子「作者」となった井原西鶴が描いた、世間と粋と色の有様。鋭い批評意識と深い共感を込めて描かれたかつてない井原西鶴論。
目次
1 人は何ともいへ
2 そしらば誹れわんざくれ
3 水は水で果つる身
4 笑いという「すい」
5 是から何になりとも成べし
6 流れのこと業
7 雪中の笋八百屋にあり
8 鶴の孫は
9 世界の偽かたまって美遊
10 つみもなく銀もなく―

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

商都・大坂に生き俳諧師から浮世草子「作者」となった井原西鶴が描いた、世間と粋と色の有様。

ページの先頭へ

閉じる

  • 西鶴の感情
  • 西鶴の感情

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中