ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ロバート・キャパ最期の日

  • ロバート・キャパ最期の日

ロバート・キャパ最期の日

  • 横木安良夫/著 横木 安良夫(ヨコギ アラオ)
    1949年、千葉県市川市生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。1975年アシスタントをへてフリー。エディトリアル、広告、ファッション、NUDE、ドキュメンタリーなど、さまざまな分野の第一線で活躍

  • ページ数
    248p 図版18p
  • ISBN
    978-4-487-80011-7
  • 発売日
    2004年09月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 一九五四年、日本を訪れていたキャパは、突然戦渦のインドシナ行きを決意する。二度と戦争の写真は撮らないと宣言していた彼は、なぜ戦場に身を投じなければならなかったのか。これまで謎とされてきたキャパの最期の一日をめぐって、写真家、老ジャーナリスト、ヴェトミン、元ヴェトコン兵士のさまざまな人生が激しく交錯する。まさに日本のノンフィクションに決定的に新たな一頁を刻む傑作。
目次
1 ロバート・キャパ、日本に到着する(東京
熱海のブレクファスト
アンドレ・フリードマン ほか)
2 インドシナ(ディエン・ビエン・フー
植民地インドシナ
「二度と戦争写真は撮らない」 ほか)
3 一九五四年五月二十五日火曜日(水牛作戦
フービーで船を待つ
静かな戦争 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ロバート・キャパ最期の日
  • ロバート・キャパ最期の日

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中