ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • この父にして 藤岡作太郎 鈴木大拙 木村栄の幼時

  • この父にして 藤岡作太郎 鈴木大拙 木村栄の幼時

ポイント倍率

この父にして 藤岡作太郎 鈴木大拙 木村栄の幼時

  • 勝尾金弥/著 勝尾 金弥(カツオ キンヤ)
    1927(昭和2)年金沢市生まれ。金沢大学卒業。愛知県立大学教授、梅花女子大学教授を歴任。愛知県立大学名誉教授。サンケイ児童出版文化賞など受賞

  • ページ数
    287p
  • ISBN
    978-4-340-40104-8
  • 発売日
    2004年11月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 明治維新という激動の時代に、自らの逝き方を模索しながらもわが子の教育に強い関心を持って臨んだ父と、後に偉人といわれるまでに成長した子との交流を描き、若い父親たちの子育てにエールを贈る。
目次
藤岡市之丞とその息子・作太郎(喘息の子
貸本屋
小関塾 ほか)
鈴木良準とその息子・貞太郎(子どもの命名
新たな挑戦
進む新時代 ほか)
木村民衛とその息子・栄(Z項
木村小学校
出会い ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • この父にして 藤岡作太郎 鈴木大拙 木村栄の幼時
  • この父にして 藤岡作太郎 鈴木大拙 木村栄の幼時

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中