ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 埴谷雄高の肖像

  • 埴谷雄高の肖像

埴谷雄高の肖像

  • 白川正芳/著 白川 正芳(シラカワ マサヨシ)
    1937年、福岡県大川市生まれ。慶応義塾大学中退。文芸評論家、作家。国学院大学、東京経済大学講師。また文壇屈指の碁打ちとしても知られ、『碁は断にあり』(三一書房)、『囲碁の源流を訪ねて』(日本棋院)などもある。34期、36期、38期、39期文壇本因坊

  • ページ数
    418p
  • ISBN
    978-4-7664-1116-4
  • 発売日
    2004年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,000 (税込:4,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 晩年まで埴谷雄高の最も近くにいた著者が、その生涯と知の系譜を描く評伝的「肖像」。
目次
1 埴谷雄高とわが青春
2 生涯と思想の形成(日本的心性を養えなかった
埴谷の生地、台湾紀行 ほか)
3 『死霊』について(『死霊』未完の構造
『死霊』論の変遷)
4 埴谷雄高参考文献

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

戦後日本文学の中で特異な位置で文学活動を続けてきた埴谷雄高。西田幾多郎、カント、ゴルギアス、ドストエフスキイらを根本的に問い直しながら、二十一世紀の世界文学へと窓を開けた哲学小説の傑作『死霊』を残した、その生涯と知の系譜を、晩年まで埴谷雄高の最も近くにいた著者が描く評伝的「肖像」。

ページの先頭へ

閉じる

  • 埴谷雄高の肖像
  • 埴谷雄高の肖像

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中