ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • アルツハイマー その生涯とアルツハイマー病発見の軌跡

  • アルツハイマー その生涯とアルツハイマー病発見の軌跡

ポイント倍率

アルツハイマー その生涯とアルツハイマー病発見の軌跡

  • コンラート・マウラー/共著 ウルリケ・マウラー/共著 新井公人/監訳 喜多内・オルブリッヒ ゆみ/訳 羽田・クノーブラオホ 真澄/訳 マウラー,コンラート(Maurer,Konrad)
    1943年シュツットガルト生まれ。最初は音楽(チェロ)を、後に医学を修める。神経科医、精神科医、そして精神療法医。ゲッティンゲン、マインツ、ヴュルツブルクで勤務後、1993年よりフランクフルト大学精神科正教授及び附属病院の精神科科長

    マウラー,ウルリケ(Maurer,Ulrike)
    1942年ベルリン生まれ。書籍出版業務に携わる。長期海外滞在の経験あり。1995年、製薬会社イーライリリーより、アロイス・アルツハイマーの生家の修復・改装、及び会議センター兼博物館の館長を依頼され、現在に到る

    新井 公人(アライ キミヒト)
    金沢大学医学部卒業。千葉大学助教授(大学院医学研究院)を経て、現在、国立病院機構千葉東病院第二診療部長(神経内科)

    喜多内・オルブリッヒ ゆみ(キタウチオルブリッヒ ユミ)
    甲南大学文学部卒業後、キール大学にてドイツ語を修学。その後、心臓内科医の夫と共にフランクフルトに移り、20年間在住。日本語教師としてフランクフルトの日本語普及センターに勤める傍ら、通訳及び日本関係のイベント企画、取材・編集なども手がける

    羽田・クノーブラオホ 真澄(ハタクノーブラオホ マスミ)
    昭和女子大学卒業。在フランクフルト日本国総領事館に7年間勤務した後、日本でフリーランスの通訳として外務省、国際交流基金、NHKの仕事を多数手がける。現在は(社)日本語普及センター及び(社)フランクフルト日本法人会の事務局長。在独20余年

  • ページ数
    342p
  • ISBN
    978-4-8327-0295-0
  • 発売日
    2004年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「アルツハイマー病」は今や世界的に有名である。この病気を発見し、研究し、そして病名にもなった医師とは一体どんな男だったのか。本書はアロイス・アルツハイマーについて書かれた世界で最初の伝記であり、同時に世界で数千万人の人が苦しんでいるアルツハイマー病について語られている。
目次
アウグステ・Dの記録
アロイス・アルツハイマーの先祖と幼少年時代
医学部学生時代
ヴュルツブルクからフランクフルトへ
ハイデルベルクを経てミュンヘンへ
ブレスラウ
アルツハイマー病の経歴

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原書名:Alzheimer
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • アルツハイマー その生涯とアルツハイマー病発見の軌跡
  • アルツハイマー その生涯とアルツハイマー病発見の軌跡

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中