ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 鉄腕アトムを救った男 手塚治虫と大阪商人『どついたれ』友情物語

  • 鉄腕アトムを救った男 手塚治虫と大阪商人『どついたれ』友情物語

ポイント倍率

鉄腕アトムを救った男 手塚治虫と大阪商人『どついたれ』友情物語

  • 巽尚之/著 巽 尚之(タツミ ヒサユキ)
    昭和30(1955)年大阪市生まれ。昭和49年大阪府立住吉高校卒。昭和53年慶応義塾大学法学部法律学科卒。メーカー等勤務を経て昭和60年に産経新聞社入社。阪神支局、夕刊フジ関西総局編集部、東京本社経済部勤務などを経て、現在は大阪本社編集局経済部次長。平成12(2000)年には米国務省のプログラムで渡米し、移民労働やベンチャー教育などをテーマにピッツバーグほか7都市を視察。平成15年から新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の技術委員を務める

  • ページ数
    242p
  • ISBN
    978-4-408-39561-6
  • 発売日
    2004年11月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「漫画の神様」と「アップリカ葛西」創業者の知られざる絆。大阪で、育児用品の卸を営んでいた一介の中小企業経営者、葛西健蔵。戦後の復興期を、たくましく生きてきた大阪商人の正義感が、のちに手塚治虫を救う。そして、ふたりの出会いが異色作品『どついたれ』を生む。
目次
第1章 焼け野原の大阪商人
第2章 犯罪者を更生させる
第3章 手塚治虫と出会う
第4章 虫プロの経営危機
第5章 トモやんとヒロやん
第6章 『どついたれ』のモデルに
第7章 『どついたれ』の時代の終わり

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

大阪出身の手塚治虫が未完作「どついたれ」に託した思いとは。手塚を陰で支えた大阪商人の生きざまと友情を、徹底取材で書く感動秘話。

ページの先頭へ

閉じる

  • 鉄腕アトムを救った男 手塚治虫と大阪商人『どついたれ』友情物語
  • 鉄腕アトムを救った男 手塚治虫と大阪商人『どついたれ』友情物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中