ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「イチョウ精子発見」の検証 平瀬作五郎の生涯

  • 「イチョウ精子発見」の検証 平瀬作五郎の生涯

ポイント倍率

「イチョウ精子発見」の検証 平瀬作五郎の生涯

  • 本間健彦/著 本間 健彦(ホンマ タケヒコ)
    ノンフィクション・ライター、タウンジャーナリスト。1940年、旧満州(現中国東北部)遼陽生まれ。「話の特集」編集者を経て、1969年から73年までタウン誌「新宿プレイマップ」編集長。1992年10月、市民が創るタウンジャーナル「街から」を創刊、編集・発行人として隔月刊で現在も刊行している。2004年10月より東京・目白でアーティスト・ギャラリー「街から舎」を主宰

  • ページ数
    292p
  • ISBN
    978-4-7877-0415-3
  • 発売日
    2004年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,300 (税込:2,484

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界的偉業が、なぜ視界から消えてしまったのか?わずかな資料を丹念に辿りながら、“消えた事実”を再現。明治草創期の東大植物学教室の光と影あざなえる人間模様を活写する。
目次
序 光芒と封印の謎
第1章 維新の青春像と青雲の志
第2章 洋画・図画教育の「夜明け前」
第3章 東京大学草創期の光と影
第4章 イチョウの精子発見の栄光と受難
第5章 南方熊楠との共同研究に賭けた在野魂

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 「イチョウ精子発見」の検証 平瀬作五郎の生涯
  • 「イチョウ精子発見」の検証 平瀬作五郎の生涯

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中