ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • リリーからの最後の電話

  • リリーからの最後の電話

リリーからの最後の電話

  • トビー・リット/著 雨海弘美/訳 リット,トビー(Litt,Toby)
    1968年生まれ。イギリス、ベッドフォードシャーのアンプトヒルで育つ。イースト・アングリア大学の創作コースを卒業。1995年、カーティス・ブラウン奨学金を授与される。1996年、短編集『Adventures in Capitalism(資本主義における冒険)』でデビュー。2003年、GRANTA誌が10年毎に選ぶ「イギリスの若手作家ベスト20」に選ばれる。現在はロンドン在住

    雨海 弘美(アマガイ ヒロミ)
    東京生まれ。翻訳家

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス
  • ページ数
    506p
  • ISBN
    978-4-7897-2354-1
  • 発売日
    2004年09月

840 (税込:907

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 最初の弾丸が元恋人で女優リリーの身体を貫通した。瀟洒なレストランでの突然の出来事だった。つづけて2発がリリーに、そして僕にも2発の弾丸が撃ち込まれた―。僕は奇跡的に命を取り留めたものの、昏睡状態に陥った。リリーは即死だった。意識を取り戻した僕は、リリーが妊娠していたことを知った。警察は何も説明してくれない。どうして僕らがプロの殺し屋に狙われたのか、リリーのお腹の子の父親は誰なのか。僕はどうしてもそれを知りたかった。半年後、僕は退院し、そして独自で捜査を開始した―。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原書名:Corpsing
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • リリーからの最後の電話
  • リリーからの最後の電話

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中