ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現代仕事人列伝 神の手がものを言う

  • 現代仕事人列伝 神の手がものを言う

ポイント倍率

現代仕事人列伝 神の手がものを言う

  • 飯田辰彦/著 飯田 辰彦(イイダ タツヒコ)
    1950年静岡県生まれ。慶応大学文学部卒

  • ページ数
    194p
  • ISBN
    978-4-309-01630-6
  • 発売日
    2004年04月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本の伝統と匠の技―モノ作りに携わる仕事人たちを描く渾身のルポルタージュ。
目次
明治の骨人が育んだ孤島の生―浜田守太郎(文弥人形遣い)
“亡びの美”は人間の生にも似て―白鷹幸伯(鍛冶師)
原始布との交情から見える未来―伊藤純夫(シナ布作家)
自然の造形が物語る素材の歴史―原秀雄(葛細工作家)
耳で聞き分ける仕事の出来映え―新子薫(木地師)
神の手に託された神苑の花守り―千野恵利子(神酒口作り)
新年を寿ぐ手作りの縁起物―長谷川正巳(春駒作り)
副業に花開いた三代続きの手技―岩瀬良吉(凧作り)
内にいるライバルと鎬を削り―黒田正玄(柄杓師)
職人の本懐は黒子に徹するにあり―奥村吉兵衛(表具師)〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 現代仕事人列伝 神の手がものを言う
  • 現代仕事人列伝 神の手がものを言う

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中