ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • あの夏の日に別れのキスを

  • あの夏の日に別れのキスを

あの夏の日に別れのキスを

  • ジョン・ウェッセル/著 矢口誠/訳 ウェッセル,ジョン(Wessel,John)
    シカゴ大学卒業。1994年、42歳の時、書店員として働くかたわら小説を書き、オハイオ州「シンシナティ・マガジン」主催のミステリー短編コンテストで第一席を獲得する。これをきっかけにスー・グラフトンに才能を認められ、1996年に大手出版社のサイモン&シュスターから『天使の爪』(DHC)で華々しくデビュー、各書評誌から激賞される

    矢口 誠(ヤグチ マコト)
    1962年生まれ。慶応大学文学部卒業。英米文学翻訳家

  • シリーズ名
    ヴィレッジブックス
  • ページ数
    583p
  • ISBN
    978-4-7897-2316-9
  • 発売日
    2004年07月

940 (税込:1,015

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ハーディングはライセンスを剥奪されたシカゴの“元”私立探偵。今も探偵らしき仕事で食いつないでいる彼が、恋人アリスンと友人の結婚式に出席しようとした矢先、ふたつの悪い知らせが飛びこんできた。ひとつはハーディングの名刺を持ったトレイシーという見知らぬ女性が無惨な死体で発見されたということ、もうひとつは新郎チャールズが姿をくらましたとのことだった。どちらの知らせにも首を傾げるハーディングだったが、調べるうち、すべては十年前アリスンが湖畔で過ごしたある夏に集約していく。あの日あの時、一体何があったのか?ミステリー界が注目する期待の新ハードボイルド・サスペンス。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
原題 原書名:Kiss it goodbye
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • あの夏の日に別れのキスを
  • あの夏の日に別れのキスを

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中