ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 道徳形而上学の基礎づけ 新装版

  • 道徳形而上学の基礎づけ 新装版

道徳形而上学の基礎づけ 新装版

  • I.カント/著 宇都宮芳明/訳・注解 宇都宮 芳明(ウツノミヤ ヨシアキ)
    1931年生まれ。東京大学大学院博士課程退学。北海道大学教授を経て、現在北海道情報大学教授、北海道大学名誉教授

  • ページ数
    226,10p
  • ISBN
    978-4-7531-0234-1
  • 発売日
    2004年04月

2,500 (税込:2,700

現在、商品はございません。
「入荷お知らせ」をクリックし、メールアドレスを登録いただきますと、商品入荷時にメールでお知らせをさせていただきます。

詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『道徳形而上学の基礎づけ』は、言うまでもなく、『実践理性批判』とならんで、カントの実践哲学の精髄を伝える代表作である。ページ数では『実践理性批判』よりも少なく、それにわれわれにとって身近な道徳問題を出発点としているので、これまで哲学や倫理学を学ぼうとする学生諸君の手引きとしてよく読まれてきた。大学の演習においても採用される頻度は多いはずである。訳者も北大でこれまですでに三回にわたってこの書物を演習で取り上げ、学生諸君と一緒に読んできた。そういういきさつもあって、一度自分で納得できる全訳を試みたいと念じていたが、それが完成したのが本書である。
目次
第1章 通常の道徳的理性認識から哲学的な道徳的理性認識への移行
第2章 通俗的な道徳哲学から道徳形而上学への移行(道徳性の最上の原理としての意志の自律
道徳性のあらゆる不純な原理の源泉としての意志の他律
他律という根本概念の採用から生ずる道徳性のあらゆる可能な原理の分類)
第3章 道徳形而上学から純粋実践理性批判への移行(自由の概念が意志の自律を解明するための鍵である
自由はあらゆる理性的存在者の意志の特性として前提されなければならない
道徳性の諸理念に伴う関心について
定言命法はいかにして可能であるか
あらゆる実践哲学の究極の限界について)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原書名:Grundlegung zur Metaphysik der Sitten
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

入荷 発売日お知らせ

メールアドレス

    • ドメイン指定受信をされている方は、「@omni7.jp」を受信できるように指定してください。
  • 商品入荷後メールでご連絡いたします。(入荷状況によりメールが配信されない場合がございます。)
  • 当サービスは予約ではありません。
  • 商品入荷後、メールにてご連絡いたします。その際にご注文なさるかご検討ください。
  • 人気商品は注文が集中する為、すぐに品切れになる場合があります。
  • 入荷待ちの場合、「入荷お知らせ」ボタンが表示されている場合、ご登録いただきますと、入荷時にご連絡いたします。
  • 在庫状況は常に変化している為、随時変更する場合があります。
  • お知らせを受取りたいメールアドレスをご選択ください。
  • 商品の予約(注文)の日付が決まりましたらメールでお知らせします。
  • メールアドレスに間違いがないかご確認の上、「登録する」ボタンを押してください。

閉じる

  • 道徳形而上学の基礎づけ 新装版
  • 道徳形而上学の基礎づけ 新装版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中