ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 児玉源太郎 日露戦争における陸軍の頭脳

  • 児玉源太郎 日露戦争における陸軍の頭脳

児玉源太郎 日露戦争における陸軍の頭脳

  • 神川武利/著 神川 武利(カミカワ タケトシ)
    昭和7年(1932)、広島に生まれる。広島大学卒業

  • ページ数
    323p
  • ISBN
    978-4-569-63686-3
  • 発売日
    2004年08月

1,600 (税込:1,728

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 進んで降格人事を受け入れ、国の存亡を賭けた戦いに臨んだ、智勇兼備の参謀総長、児玉源太郎。その生涯を熱い筆で描く。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

領土拡大の野心をみなぎらせ、南下を続けるロシア。戦って、勝たなければ、日本もいずれ植民地化されることはまぬがれない。日露戦争とは、そういう戦争だった。絶対に負けられないギリギリの状況の中で、その陸戦の総指揮をとったのが、本書の主人公・児玉源太郎である。自らの使命に無私の精神で臨むとき、人間はどんな存在になれるか?私欲のみを追求する今だからこそ顧みるべき、明治人の心を読む。

ページの先頭へ

閉じる

  • 児玉源太郎 日露戦争における陸軍の頭脳
  • 児玉源太郎 日露戦争における陸軍の頭脳

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中