ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 捕鯨 1

  • 捕鯨 1

捕鯨 1

  • 山下渉登/著 山下 渉登(ヤマシタ ショウト)
    1951年、岡山県生まれ。金沢大学法文学部卒業。編集者を経て、捕鯨史研究や小説の執筆活動に専念。著書に長編小説『青の暦 一九七〇』(北冬舎、泉鏡花記念金沢市民文学賞受賞)など

  • シリーズ名
    ものと人間の文化史 120-1
  • ISBN
    978-4-588-21201-7
  • 発売日
    2004年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 世界の海で展開された鯨と人間との格闘の歴史を振り返り,「大航海時代」の副産物として開始された捕鯨業の誕生以来400年にわたる盛衰の社会的背景をさぐる。
目次
第1章 人、鯨に出会う(驚異に満ちた生き物
豊かな幸―神からの贈り物 ほか)
第2章 大航海時代と鯨の発見(インドとカタイへの道
北回り航路を開拓せよ ほか)
第3章 鎖国と「鯨組」の誕生(東アジアの大航海者たち
「平和」になれば職を失う ほか)
第4章 網捕り式捕鯨文化の成立(鯨組の全容
「刺子・水主の働き、戦国の人の如し」 ほか)
第5章 「鯨一頭、七浦潤す」(人・物・技術の大量移動
鯨組の経営 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

海の巨大な哺乳動物である鯨と人類はどのように関ってきたか。捕鯨が地域経済に果たしてきた役割とその世界史的意味を浮彫にする。

ページの先頭へ

閉じる

  • 捕鯨 1
  • 捕鯨 1

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中