ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 回転スシ世界一周

  • 回転スシ世界一周

回転スシ世界一周

  • 玉村豊男/〔著〕 玉村 豊男(タマムラ トヨオ)
    1945年東京生まれ。東京大学仏文科卒業。パリ大学言語学研究所に留学。通訳、翻訳業を経て、’73年より文筆業。’83年より軽井沢町で生活。その後、画家としてもデビュー。’91年長野県東部町(現・東御市)に移住。「ヴィラデスト農園」を開き、2004年4月には「ヴィラデストガーデン ファーム アンド ワイナリー」を開園

  • シリーズ名
    知恵の森文庫
  • ISBN
    978-4-334-78290-0
  • 発売日
    2004年05月

629 (税込:679

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 米は野菜?インターネットでスシ修行?オシボリで顔拭きは世界共通?ジョン・レノン・ロールって何?日本のスシは世界でどのように食べられているのか―あくなき探究心をパスポートにして、回りに回ったパリ、ロンドン、アムステルダム、NY、LA。満腹、眼福、感服の「目からウロコ」世界一周スシの旅。
目次
PARIS―食の伝統に挑むスシの魅力(パリに回転スシを食べに行く理由または、私はなぜ痛烈な後悔の念に駆られたか
サーモンとマグロが好きなフランス人はハシを使ってスシを食べるのがとてもうまい ほか)
LONDON―欧州スシ・ブームの震源地(ランチタイムを席捲するサンドイッチ伯爵のこれがニューブリティッシュ回転スシだ
名門ハロッズはスシのショーウィンドウ 英国版マッサージつき居酒屋に未来はあるか? ほか)
AMSTERDAM―前衛と本格のスシ最先端(スシを制する者がEUを制する 次はバルセロナと狙いをつけるニルスの真面目な旅
スシは旅行者が伝える平和の味 ついに登場したインターネットのスシ・ハッカー)
NEW YORK―スシは頭で食う料理(大西洋を横断してニューヨークへ スシはジューイッシュの律法にかなっているか
情報革命にさらされた世界の先進都市で江戸時代のファストフードがいま流行るワケ)
LOS ANGELES―独自の進化を遂げたネオ・スシ(スシ屋にはダイナマイトがある 食文化の受容と変容の立場に立ち会った証人たち
カリフォルニアロールが生まれて30数年「ふるさと」に定着したスシ文化の百貨繚乱 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 16cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 回転スシ世界一周
  • 回転スシ世界一周

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中