ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 松本恵子探偵小説選

  • 松本恵子探偵小説選

松本恵子探偵小説選

  • 松本恵子/著 松本 恵子(マツモト ケイコ)
    1891(明24)年、北海道函館市生まれ。別名・中野圭介、中島三郎など。青山女学院英文専門科を卒業。知人の子女の家庭教師としてイギリスに滞在中、松本泰と結婚した。1919(大8)年に帰国後、21年頃から開始された、東京・東中野を文化的拠点とする泰の出版活動と創作活動を支え、自らもクリスティーの翻訳や探偵小説の創作を発表した。36(昭11)~37年には、泰と共訳で『ヂィケンズ物語全集』を、55~56年には、単独で『クリスチー探偵小説』を刊行している。30年代から児童文学の翻訳に意欲を示し、74年には日本児童文芸家協会の児童文化功労賞を受賞した。76年死去

  • シリーズ名
    論創ミステリ叢書 7
  • ISBN
    978-4-8460-0419-4
  • 発売日
    2004年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

2,500 (税込:2,750

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 翻訳の先駆者が挑んだミステリの世界。いま初めてその全貌があきらかになる!ユーモアとウィットの連鎖が生みだす、錯誤と錯誤の綾をあざやかに解く。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 松本恵子探偵小説選
  • 松本恵子探偵小説選

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中