ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 高等遊民天明愛吉 藤村を師と仰ぎ御舟を友として

  • 高等遊民天明愛吉 藤村を師と仰ぎ御舟を友として

高等遊民天明愛吉 藤村を師と仰ぎ御舟を友として

  • 黒川鍾信/著 黒川 鍾信(クロカワ アツノブ)
    昭和13年東京生まれ。明治学院大学大学院文学研究科英文学専攻修士課程修了後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に留学。明治大学情報コミュニケーション学部教授。専門分野は英詩。著書に『親と子の受験マラソン』(長男元信と共著。第二回自分史学会賞受賞)、『神楽坂ホン書き旅館』(第五十一回日本エッセイスト・クラブ賞受賞)など多数

  • ページ数
    398p
  • ISBN
    978-4-480-88520-3
  • 発売日
    2004年05月

2,400 (税込:2,592

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 明治・大正・昭和のスローライフ。芸術家の誰もが愛した元祖慶応ボーイ。ミステリーより面白い、その謎の生涯。
目次
序章(平成十三年四月)(見えない糸で結ばれて)
第1章 求道(明治初年~三十年代)(牛乳屋と牛肉屋
天明家のルーツを求めて ほか)
第2章 師弟(明治四十年代~大正四年)(春の訪れ
すべての人を師とせられよ ほか)
第3章 友垣(大正四年~昭和十四年)(墓守がいて家となす
若き日の近代日本画家たち ほか)
第4章 梅花(昭和十五年~二十四年)(「湘南」発祥の地、大磯の左義長祭り
閑居簡素不自由なし ほか)
附記 めぐりめぐって(平成十三年四月~十五年十二月)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

島崎藤村研究者などの間ではその名を知られた天明愛吉。資料が少なく、謎の人物だった全容を明らかにする。藤村や御舟の資料も多数。

ページの先頭へ

閉じる

  • 高等遊民天明愛吉 藤村を師と仰ぎ御舟を友として
  • 高等遊民天明愛吉 藤村を師と仰ぎ御舟を友として

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中