ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 千葉の建築探訪

  • 千葉の建築探訪

千葉の建築探訪

  • 中村哲夫/著 中村 哲夫(ナカムラ テツオ)
    1931年長野県生まれ。京都・同志社に学び、雑誌編集者を経てのち、グラフィック・デザイナーとなる。デザイン製作のかたわら城下町・宿場町など全国の古い町並みを訪ね、1984年『郷愁をよぶ町(新人物往来社)』を上梓。その後、西洋館の魅力に取りつかれ全国の明治・大正期の西洋館約六〇〇カ所を取材・撮影。日本建築学会会員

  • ページ数
    191p
  • ISBN
    978-4-8455-1100-6
  • 発売日
    2004年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 江戸末期から明治・大正にかけての、房総の文化財ともいうべき素晴らしい古建築に焦点をあてた一冊。
目次
千葉・東葛地区(プロテスタントでは県内最古(千葉教会教会堂(千葉市))
随所にブドウを使った装飾(旧神谷伝兵衛稲毛別邸(千葉市))
ネオゴシック様式の赤煉瓦造り(千葉刑務所(千葉市)) ほか)
北総台地と九十九里(山内に江戸期の重要文化財が五棟(成田山新勝寺(成田市))
額堂は江戸時代のギャラリー(成田山新勝寺額堂(成田市))
梅若万三郎が演じた能舞台(成田大野屋旅館(成田市)) ほか)
上総丘陵と南房総(龍之介がひと夏を過ごした(一宮町・芥川荘(長生郡一宮町))
全国的にも珍しい「四方懸造」(笠森観音(長生郡長南町))
近世商家建築の貴重な町屋(渡辺家住宅(夷隅郡大多喜町)) ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 千葉の建築探訪
  • 千葉の建築探訪

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中