ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 井上伝蔵とその時代

  • 井上伝蔵とその時代

井上伝蔵とその時代

  • 中嶋幸三/著 中嶋 幸三(ナカジマ コウゾウ)
    俳号・鬼谷。1939年4月22日埼玉県秩父郡小鹿野町に生まれる。1989年加藤楸邨に師事。3年後楸邨主宰誌『寒雷』同人に推挙される。1992年より「雁坂俳句会」を開き、同会代表として今日に至る。「秩父文化の会」会員。「秩父事件研究顕彰協議会」会員

  • ページ数
    355p
  • ISBN
    978-4-87889-254-7
  • 発売日
    2004年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人間伝蔵とその時代を語り、秩父事件の松明を受け継いだ二人の女性・井上直と田島梅子の生涯を描く画期的な秩父事件論である。
目次
第1部 山峡の歌(井上家歴代俳人の俳句
俳諧の巻物
幕末の下吉田村―無宿甚蔵一件
民衆の哄笑
自由民権家として)
第2部 北辺の歌(石狩へ
札幌へ
野付牛へ)
第3部 人間讃歌―松明を受け継ぐ者(伝蔵の姪井上直
田島梅子)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 井上伝蔵とその時代
  • 井上伝蔵とその時代

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中