ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 余多歩き菊池山哉の人と学問

  • 余多歩き菊池山哉の人と学問

余多歩き菊池山哉の人と学問

  • 前田速夫/著 前田 速夫(マエダ ハヤオ)
    1944年、疎開先の福井県勝山に生まれる。東京大学文学部英米文学科卒業。68年、新潮社入社。文芸雑誌「新潮」に配属される。78年、新潮文庫編集局部へ異動。87年より白山信仰の研究を目的に「白山の会」を結成、月一回勉強会をもつ。94年、「新潮」編集部に復帰し、翌年より2003年まで編集長を務める。「日本地名研究所」「宮古島の神と森を考える会」会員。「輪島ボクシングジム」練習生

  • ページ数
    366p
  • ISBN
    978-4-7949-6629-2
  • 発売日
    2004年08月

2,300 (税込:2,484

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 白山神こそ日本の原住民の信仰ではなかったか。被差別の地をくまなく歩き、前人未踏の学問をうちたてた知られざる民間学者をえがく初の本格評伝。
目次
多磨霊園と「すずらん」
生い立ち―幕末維新の府中と菊池家
土木役人
「筋が悪い」ということ
沖積層の貝塚
自然地史と歴史地史と
歴史と民俗の谷間
穢多族に関する研究
日本の中の異族
柳田‐喜田‐山哉のリレー〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

白山信仰の地を全踏査し、前人未到の学問を残した民俗学者の気迫の生涯。横すべり学問人生をえがく、初の本格評伝。

ページの先頭へ

閉じる

  • 余多歩き菊池山哉の人と学問
  • 余多歩き菊池山哉の人と学問

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中