ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 21世紀の大学 開かれた知の拠点へ

  • 21世紀の大学 開かれた知の拠点へ

21世紀の大学 開かれた知の拠点へ

  • 中嶋嶺雄/著 中嶋 嶺雄(ナカジマ ミネオ)
    1936年、松本市に生まれる。1960年、東京外国語大学中国科卒業。1965年、東京大学大学院社会学研究科国際関係論課程卒業。1977年、東京外国語大学教授。1980年、東京大学社会学博士。1995~2001年、東京外国語大学長。1998~2001年、国立大学協会副会長。外務省特別研究員(在香港)、オーストラリア国立大学・パリ政治学院・カリフォルニア大学サンディエゴ校大学院の客員教授、文部省科学研究費重点領域研究「東アジア比較研究」代表などを歴任。現在、国際教養大学学長。アジア太平洋大学交流機構(UMAP)国際事務総長、財団法人大学セミナー・ハウス理事長、文部科学省中央教育審議会委員(大学院部会長・外国語専門部会主査)など兼務。評論集『北京烈烈』でサントリー学芸賞受賞。平成15年度「正論大賞」受賞

  • ISBN
    978-4-8460-0503-0
  • 発売日
    2004年05月

1,500 (税込:1,650

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 激動する国際環境の中で、日本の大学は生き残れるか。多年、教育行政に関わり、今また日本初の公立大学法人「国際教養大学」を立ち上げた著者による待望の大学改革論。
目次
これでよいのか日本の大学
「大学を変える」ということの意味
変わりたくないが国立大学の本音
大学はかくあるべき
大学改革によせて
競争的環境のなかでの大学
大学教員とメディアの関係
「愛国心」―論議を避けずに
対談 グレゴリー・クラーク/中嶋嶺雄「大学をこう変えたい」
21世紀の開かれた大学へ〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 21世紀の大学 開かれた知の拠点へ
  • 21世紀の大学 開かれた知の拠点へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中