ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 永遠の生命の世界 人は死んだらどうなるか

  • 永遠の生命の世界 人は死んだらどうなるか

永遠の生命の世界 人は死んだらどうなるか

  • 大川隆法/著 大川 隆法(オオカワ リュウホウ)
    1956(昭和31)年7月7日生まれ。宗教法人「幸福の科学」総裁。東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ベルリッツ・ニューヨーク校で上級語学研修を終了、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。1981年3月23日、大悟を得、人類救済のための大いなる使命を自覚。1986年7月に退社独立、同年10月に仏法真理伝道の機関「幸福の科学」を設立(「幸福の科学」は1991年3月に宗教法人格を取得)

  • ISBN
    978-4-87688-522-0
  • 発売日
    2004年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,650

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 脳死移植の問題点から、自殺や先祖供養の真実まで―。死の全てを霊的な視点から明らかにした一冊。
目次
第1章 死の下の平等(なぜ宗教という分野の仕事があるか
目に見える世界以外の力が働いている ほか)
第2章 死後の魂について(質疑応答)(死期が近づいた人間の魂の様相
死後、人間の魂はどうなるか ほか)
第3章 脳死と臓器移植の問題点(真実を知る宗教家として、正論を述べる
ほんとうの死とは何か ほか)
第4章 先祖供養の真実(先祖供養の意義
先祖供養における注意点 ほか)
第5章 永遠の生命の世界(この世は、かりそめの世界
魂を鍛え、光らせるために ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

今から二千五百数十年前、中インドの釈迦族の王子ゴータマ・シッダールタ(釈尊)は、人間にはなぜ「生」「老」「病」「死」の四苦の苦しみがあるのか、その問いへの答えを求めて出家した。本書が、釈尊の疑問への答えである。迷える宗教家への導きであると同時に、無明に生きる現代の医者や科学者への厳しい警鐘ともなっている。

ページの先頭へ

閉じる

  • 永遠の生命の世界 人は死んだらどうなるか
  • 永遠の生命の世界 人は死んだらどうなるか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中