ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • なぜ、男は女の気持ちがわからないのか それでも一緒にいたい?36人のダメ男たち

  • なぜ、男は女の気持ちがわからないのか それでも一緒にいたい?36人のダメ男たち

なぜ、男は女の気持ちがわからないのか それでも一緒にいたい?36人のダメ男たち

  • 堀江珠喜/著 堀江 珠喜(ホリエ タマキ)
    兵庫県西宮市生まれ。芦屋市在住。神戸女学院大学文学部、同大学大学院修士課程で英米文学を専攻。神戸大学大学院文化学研究科(博士課程)修了。学術博士。日本学術振興会奨励研究員、園田学園女子大学助教授を経て、現在は大阪府立大学教授

  • ページ数
    196p
  • ISBN
    978-4-7771-0018-7
  • 発売日
    2004年01月

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 優柔不断な恋人、だらしない夫、強引な上司、気が利かない同僚…「もう、男ってどうしてこうなのよ?」そんなイライラを解消するには、“男の習性”を知ること!なぜ、男は女性に「女らしさ」を求めるの?なぜ、男は元カレの話を聞きたがるの?…まだまだある、女の「なぜ、男は」の疑問に答える“男性解体新書”。
目次
第1章 ありえない男たち―「女なんてわからない、わかりたくもない」そんな男との恋愛はありえない!(“feed(喰わせる)”なくして、つぎのFはありえない
男がしゃべればしゃべるほど、恋人候補から遠ざかる ほか)
第2章 ありがちな男たち―「女のことなら、そこそこわかる」そんな男にありがちな勘違い(浮気で泣きたくなければ、ワンパターン男がおすすめ
「自分の世界」を持つ男との恋愛の鉄則 ほか)
第3章 飽きのこない男たち―「女は不思議、だから面白い」そんな男となら飽きのこない関係が築けるかも(「××フェチ」はロマンチスト?
記念日を忘れる男とは、「よいお友達」でいよう ほか)
第4章 愛すべき男たち―「女が悦ぶ言葉、しぐさ、表情を知っている」そんな男を愛すべき(嘘でも“白”や“灰色”なら、女を気持ちよくさせる
愛想のイイ男は、やっぱりイイ男 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • なぜ、男は女の気持ちがわからないのか それでも一緒にいたい?36人のダメ男たち
  • なぜ、男は女の気持ちがわからないのか それでも一緒にいたい?36人のダメ男たち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中