ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ディリー、砂漠に帰る

  • ディリー、砂漠に帰る

ディリー、砂漠に帰る

  • ワリス・ディリー/著 武者圭子/訳 ディリー,ワリス(Dirie,Waris)
    ソマリアの遊牧民の部族に生まれる。13歳で砂漠を逃げ出しロンドンに渡ったのち、写真家テレンス・ドノヴァンに見出され、トップモデルに。その波瀾の半生を描いた『砂漠の女ディリー』は世界的ベストセラーとなる。現在は国連特別大使としてFGM(女性性器切除)廃絶を訴え、ソマリアの窮状を救うための財団「砂漠の夜明け」を設立するなど、多方面で活躍している

    武者 圭子(ムシャ ケイコ)
    静岡県生まれ。翻訳家

  • ISBN
    978-4-7942-1260-3
  • 発売日
    2003年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • スーパーモデルとなったディリーが故郷ソマリアの飢餓や過酷な因習を止めるため果敢に立ち上がる。
目次
砂漠の夢
一人ぼっち
不思議な連絡網
異文化
果てしない空の旅
家族のもとへ

かなえられた夢
氏族の誇り

雨季
学校
ウミ
帰る途中のできごと
砂漠の夜明け

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
原題 原書名:Desert dawn
対象年齢 一般

商品のおすすめ

本書の著者は世界的ベストセラーとなった自伝『砂漠の女ディリー』において、遊牧民からトップモデルになった波瀾の半生と、自ら受けた女子割礼の実態を告白、多くの人々に衝撃を与えた。それから4年、長年続けてきた西洋での生活に疲れ果てた彼女は、自らを見つめ直すため20年ぶりに故国ソマリアへ飛んだ。懐かしい家族と再会し、砂漠の豊かな自然に触れ、ディリーの心は少しずつ癒されていく。しかしその一方で、部族間の抗争や根強い女性蔑視など、いまだ悲惨な現実の数々に、複雑な思いがこみあげる―。だれもが同じように幸福を求めて生きているのに、いつまでも不毛な争いが絶えないのはどうしてなのだろう?世界の矛盾と正面から向き合う著者の、まっすぐなひたむきさが胸を打つ感動の物語。

ページの先頭へ

閉じる

  • ディリー、砂漠に帰る
  • ディリー、砂漠に帰る

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中